格安・激安ノートPCパソコンランキング比較

格安PCショップランキング比較
■パソコンを格安で手に入れるには

①インターネット回線の同時加入
ネット回線同時加入によりパソコンの大幅な割引や0円で購入することができる仕組みです。
既にネットを利用中でも乗り換えをすれば大丈夫です。また、希望のPCがない場合や今すぐに必要ではない場合も現金キャッシュバックをもらって後々の購入の際に充てるという方法もあります。特にauひかりや関東圏内であればニューロ光なども視野にいれておきましょう。関東限定ですがNURO光は無条件で3万円、auひかりの場合フレッツ光から乗り換えするとかなり優遇されるようです。下記のランキングを参考にしてみてください。

②BTO製のPCを選ぶ
ネット回線の同時加入が難しい場合はBTOPC専門店での購入ががおすすめです。BTOパソコンとは専門店がPCのパーツだけ集め製造しているものです。ブランドがない分格安です。しかしPCの中身はどのメーカーも同じWindowsを搭載しているのです。自分の希望の性能で欲しい機能だけ選べば価格も抑えられるわけです。特に見た目を気にしないデスクトップPCの場合断然国内BTOがおすすめです。

③大手PCメーカーのWEBダイレクトショップを利用する
ダイレクトショップは自分の希望の性能で選択できるので量販店モデルより割安での購入が可能です。
どのメーカーで選択するかは正直皆様の好みで良いでしょう。

(1)外資系のパソコンメーカー
国内大手メーカーに拘らなければ外資系のPCメーカーはシェアも世界規模なので、当然、値段も国内大手メーカーより割安です。レノボや最近勢力を伸ばしているASUS(エイスース)などがおすすめで、タブレット関係は特に安いと言えます。

(2)国内大手のパソコンメーカー
国内大手メーカーのパソコンでもダイレクトショップであれば
BTO方式で必要なスペックで設定できるので、量販店よりも料金を抑えての購入が可能です。
国内メーカーは購入後のサポートが安心です。

④家電量販店モデルのパソコン
大手家電量販店モデルは不要なソフトも含めパッケージされて販売されており店頭の人件費も発生するので割高です。店頭で買うのではなく、カカクコムで常連の家電通販サイトなどですとかなり割安で手に入ります。
但し、スペックの指定など出来ないので、自分の希望スペックの範囲内であれば
ショップ側も売れ残りの在庫は抱えたくないので値下げしていきますのでBTO方式より割安な場合もあります。

■格安購入する為のポイント
①店頭ではなくネットショップで購入する(人件費が抑えられる分店頭より割安)
②必要な性能のPCを選ぶ(利用用途を明確にし必要な性能のPCを選べばコストを抑えられます)

③購入時にオフィスソフトを省く

■性能の選び方
ネット検索メインと仮定した場合下記①~④まで押さえておけば十分です。
⑤、⑥に関しては明確に決めておきたいところです。
購入時の選択で気をつけましょう。
①HDDの容量(160GB以上あれば十分でしょう。)
②メモリ(ネット観覧程度なら2GBで十分でしょう。画像編集など扱うのであれば最低4GBは欲しいところです。)
③CPU(デュアルコアのもので十分でしょう。)
④メーカー(拘りがなければノンブランドで問題ありません。中身を同じWINDOWSです。国内メーカーより外資系メーカーの方が割安です。)
⑤オフィスの有無(ワード、エクセル):プラス2万前後でオプションでつけられますが
マイクロソフトのオフィス以外にもキングソフト社などの他社メーカーからも
ほぼ同等の機能を持った文書作成ソフトがありますので、3000円程度で後から購入することが可能です。


⑥ブルーレイの再生、書き込みの可否

激安PCパソコン・タブレットWEBショップランキング

国内激安BTO PC専門メーカーランキング
1位 ドスパラ
2位 マウスコンピューター
3位 パソコン工房

 

外資系大手PCメーカーBTOランキング
1位 米最大手 HP/ヒューレットパッカード
HP Directplus -HP公式オンラインストア-
デザイン・価格重視の方向け
デスクトップPCの
東京生産を開始、
納期の短縮と故障率の
大幅な低減を実現。  
2位  DELL
デル株式会社
 デザイン重視の方向け

 

中古PCランキング
1位 中古パソコン
パクス

2位  中古PC専門店
PCジャングル


3位 中古パソコン専門店
PC─X

 

インターネット回線ランキング比較NAVi

 

ノートパソコン無料でもらうナビ
0円パソコン 無料でgetする作戦
0円パソ最安級で手に入れる方法