WiMAXなどのネット解約金、違約金免除の光乗り換えキャンペーン

ネット解約によるキャッシュバック特典


当サイトにアクセスいただき誠に有難う御座います。このページへアクセスされた方はインターネット全般の解約金や違約金特にモバイル、WIMAXなどのポケットワイファイ(wi-fi)の解約金や違約金にお困りでたどり着いたのではないかと思います。このページではその解約料金や違約金を免除or軽減する方法を紹介します。一番最後にわかりやすくランキング形式にまとめてあるので参考にしてみて下さい。

・WiMAX(ワイマックス)を解約したい。。
YAMADA (ヤマダ電機)、エディオン、au 、GMO 、nifty(ニフティ) 、 ビックカメラ、TOPPA(トッパ)、ソネットなど

・LTE を解約したい。。
au 、EMOBILE(イーモバイル) 、ワイモバイル、楽天、softbank(ソフトバンク)、BIGLOBE(ビックローブ)

・CATVを解約したい。。。
JCOM(ジェイコム)、JCNなど

・光回線を解約したい。。。
フレッツ光やドコモ光(docomo光)、ソフトバンク光、auひかりやイオ(eo)光、ビビック(bbiq)光、コミュファ、メガエッグ、ピカラ、クラウドラインなどのプロバイダーを解約したい

でも違約金や解約金が高くて解約できず困っている。。。こんな状況の方は多いのではないでしょうか?
そもそも解約理由の大半は速度と電波の問題です。そもそもワイファイサービスは屋外での利用がメインのサービスなので価格が安いという理由で飛びついて契約したユーザーの間でトラブルが絶えないわけなのです。

■違約金が高すぎる
解約したいけど違約金や解約金が高くて解約できず困っている。。。
こんな状況の方は多いのではないでしょうか?そもそも解約理由の大半は速度と電波の問題です。そもそもワイファイサービスは屋外での利用がメインのサービスなので価格が安いという理由で飛びついて契約したユーザーの間でトラブルが絶えないわけなのです。

■解約することになる原因
WiMAXやLTEのメリットは、契約したその日から、工事等なしで高速データ通信を家でも外でも使用できる点です。モバイルルーターさえあれば、場所を選ばずに高速インターネットが使えるのです。しかし、このページに来た人は通信速度、電波状況、解約金の3つの問題を抱えていると思います。

①速度制限
LTEやWIMAXには帯域制限という通信速度制限があります。
平均でLTEなどは平均でひと月の通信容量が5G前後に設定されている為、
制限を越えると規制がかかり極度に遅くなります。
この5GBといううのは意外にもあっさり超えてしまう容量なのです。
詳しくない方は契約時にこの辺の確認や判断がうまく出来ず
選択ミスをしている方多いようです。

②電波状況が悪く繋がりづらい、遅い
難点は特に建物の中が弱く「室内で電波を受信しにくい」という点。ひどい場合は通信すらできないケースもあるので注意が必要です。これは当然電波なので携帯電話と同等と言えます。携帯電話でさえ未だに圏外のエリアがあるのですから当然といえば当然でしょう。そもそもワイファイサービスは屋外での利用がメインのサービスなので価格が安いという理由で飛びついて契約したユーザーの間で不満やトラブル絶えないようです。家でのインターネットを考えると、光ファイバーなどのサービスに軍配が上がります。

③解約金に関して
辞めようにも解約金が理由で辞められないとお困りの方は多いと思います。
どの通信キャリアも初期負担を減らすためや乗り換えてほしくない為に
高額の違約金を設定しているのが要因と言えます。

■違約金、解約金の解決策

当然解約するということは、代わりのサービスが必要になると思いますが安定の光回線を選んで下さい。違約金分を負担するキャンペーンがあります。光回線に乗り換えればそんな問題は全て解決できます。既に光回線利用中であっても他社の光回線に乗り換えすれば良いのです。乗り換えすることで違約金はキャッシュバックで負担してもらえるので実質免除されます。特に今ソフトバンク光で加入すると10万円まで全額還元して貰えます。通信速度は快適になり、定額使い放題になります。

もちろん無線LANを設置することでワイファイも利用できます。これを利用して乗り換えれば今後は快適な通信環境での利用ができますね。光回線であっても、無線LANを購入かレンタルで宅内で無線利用ができます。
制限もなければ、通信も高速で安定して使えます。逆に光回線を辞めるのであればもっと安い光回線かWIFIに変えるべきです。まず以下をゆっくりご覧頂ければと思います。

①解約金、違約金をまず確認
・短期解約の場合3万円以上発生することがあります
特にWIMAXやLTEなどのモバイルルーターの違約金は高額です。
・2年以内の場合、違約金はほぼ発生します。

②乗り換え先を決める
例えば、今フレッツ光を契約していて、引越し先でもフレッツ光を申し込みする場合
キャッシュバックなどのキャンペーンは対象外になります。この場合auひかりやニューロ光、コミュファや光コラボレーション(ソフトバンク光)など他の回線で契約すればいいのです。また、この方法ですと乗り換えすることでメールアドレスが変わってしまうと厄介な方もいると思いますが今後はプロバイダーのメールは利用せずにホットメール、Gメール、ヤフーメールなどのフリーメールに切り替えていきましょう。今後引っ越しや各種登録も変更することがないので大変便利です。

 現住所の
契約回線
 引っ越し先の
契約回線
キャッシュバック
適用
 工事費
 フレッツ光  フレッツ光  × 15000~18000円
 フレッツ光  NURO光  ○  実質無料
 フレッツ光  auひかり  ○  実質無料
 フレッツ光 光コラボレーション
ソフトバンク光etc
 ○   実質無料or15000~18000円
  auひかりなど フレッツ光    ○ 15000~18000円
 auひかりなど  NURO光  ○  実質無料
 auひかりなど 光コラボレーション  ○  実質無料or15000~18000円

③違約金負担のキャッシュバックサイトから申し込み
公式サイトではなく必ず代理店のキャンペーンサイトを利用してください。
公式特典だけでなく、代理店独自のキャンペーンまで適用されおとくです。
最高6万円のキャッシュバックが付きますが、貰えるまで大概は3ヶ月程度。

又 、6万円を貰うには映像サービスなどのオプション申し込みも必要な為月額料金は当然高くなります。
インターネットだけの申し込みの場合は1万~3万円程度が妥当です。
解約金が高額の場合違約金を10万円まで全額負担してくれるソフトバンク光がおすすめです。

注意点は対応する担当者によっても金額が変わってくる場合があります。又、担当者のミスで言った金額が振り込まれなかった例もあるようです。確実に特典を受けるのに賢明な方法としては電話するのではなく、申し込みのメールフォームから「乗り換えしたいのですが違約金が○万円かかります。キャッシュバック可能ですか?」など記入して証拠を残して送信して下さい。必ず確認の電話が来るので内容の確認が出来ます。サイトによってはいかにも料金を安いかのように見せていたりしますがどこの窓口を経由してもフレッツ光の月額利用料金は全く同じなので
お得なキャンペーン条件を提示してくれる窓口で契約して下さい。

東日本と西日本エリアではキャッシュバック金額の設定が違う窓口もあったり、毎月条件も変動しているので注意が必要です。また、NTTのフレッツ光の場合キャッシュバックのキャンペーンが縮小傾向でキャッシュバック金額も減額されてきているので金額に不満だった場合はauひかりや関東圏内であればニューロ光なども視野にいれておきましょう。関東限定ですがNURO光は無条件で3万円、auひかりの場合フレッツ光から乗り換えするとかなり優遇されるようです。他にも工事不要ですぐ使えるインターネットSoftBank Airも注目しましょう。下記ランキング一覧でまとめてありますので参考にして下さい。何百社とある窓口の中で厳選した上位数社をピックアップしていますが、販売店としての実績や 独自の調査による窓口の対応レベル、口コミでの満足度や安心感を元にランキングしています。

乗り換えキャッシュバックランキング

ランク キャリア おすすめ窓口 特典 適用条件
1位 auひかり
最大70000円
キャッシュバック
 メール
フォーム
から送信
2位 NURO光
 最大80000円
キャッシュバック
 メール
フォーム
から送信
3位 ソフトバンク光

 

 乗り換えなら
違約金最大10万円
キャッシュバック
 メール
フォーム
から送信
4位   ドコモ光  




 Dポイント最大19000pt
現金5000円
キャッシュバック乗り換えなら
最大30000円還元無線ルーター
プレゼント
 メール
フォーム
から送信
5位  フレッツ光 最大60000円
キャッシュバック
メール
フォーム
から送信
6位
ソフトバンクair
 乗り換えなら
違約金最大10万円
キャッシュバック
 メール
フォーム
から送信


インターネット回線比較NAVI

 

 

auひかり 解約 乗り換えnavi au光 解約金全額wiz
flets 乗り換えキャンペーンnorikaenavi
インターネット回線 解約金norikaenavi
flets光乗り換え違約金全額norikaenavi フレッツ光 解約 違約金
JCOM 違約金norikaenavi