白髪染めヘアカラートリートメントランキング

当サイトにアクセスいただき誠に有難う御座います。
このページでは白髪の仕組みと今流行のヘアカラートリートメントに関する適切な選び方を紹介しています。
迷わず決められるようにランキング形式になっているので
先々で検討している方もいつか役に立つ時が来ると思います。
ぜひお気に入りに追加しておいて下さい


■白髪とはメラニン色素が足りない状態
白髪はメラニン色素が作られなくなることによって生まれます。
できた瞬間の髪の毛はもともと真っ白でそこにメラニン色素が混ざることでさまざまな髪色として現れています。
色素が足りなければ色をつけることはできませんので、当然白髪になってしまうというわけです。
メラニン色素はメラノサイトという細胞で作られます。
その際にはチロシナーゼという酵素の働きも欠かせません。
メラノサイトかチロシナーゼか、どちらかが充分に働いてくれないと白髪が生まれるというわけです。

■白髪の原因
一般に白髪は遺伝による影響が大きいものだと考えられてきました。
たしかに遺伝的要素もありますが実際には複数の原因が相互に絡んでいることも多く、遺伝だけを白髪の原因とは言い切れないようで
白髪の発生にはほかの要素のほうが深い関連をもっているのではないかというのが、最近の定説です。
①老化による酵素の減少
メラニン色素を作るときに必要な酵素・チロシナーゼは、加齢とともに体内から減っていきます。
チロシナーゼが足りなければ、どれだけメラノサイトが健康なままであったとしても、スムーズにメラニン色素を作り出すことはできなくなります。
一般的な老化による白髪は、チロシナーゼが充分に働かないことで起こるものだと言っても過言ではないでしょう。
反対に、いわゆる若白髪の人は、主にこれ以外の原因から起きているものだと考えることができます。
(2)栄養不足
白髪は食生活とも関係があります。健康な髪の毛を保つためには、ミネラルやアミノ酸、ビタミンなどが必須です。
特にミネラルは、チロシナーゼが働くためには欠かせない栄養素です。
偏った食生活や無理なダイエットなどをしていると、これらの栄養素が充分に身体に行き渡りません。
年齢に関係なく白髪の原因となってしまいます。
(3)生活習慣の乱れ
不規則な生活や睡眠不足は、自律神経のバランスを乱します。
自律神経は成長ホルモンの分泌や全身の血行などもコントロールしていますので、
自律神経が乱れると新陳代謝や血行が悪くなり、白髪の原因となります。
(4)ストレス
白髪の原因としてはストレスもよく知られているでしょう。ストレスも自律神経の乱れを招くため、髪にダメージを与えることになります。
白髪が気になって悩むと、そのことがさらにストレスを生み出す原因ともなりますので、悪循環に注意したいところです。
(5)病気や副作用
胃腸疾患や甲状腺疾患といった一部の病気では、白髪を増やす場合があり薬の副作用で白髪になることも少なくありません。
短期間で急に白髪が増えたという場合には、このケースに該当する可能性があります。一度検査や治療を受けるようにしましょう。
(6)頭皮の血行不良
白髪が発生するのは、髪色をつくる色素であるメラニンが不足するからですが、このメラニンを合成しているのがメラノサイトという細胞です。
メラノサイトは毛根の下部に位置しており、頭皮から栄養を受け取ることで正常に働きます。
ところが、血行が悪くなっていると、例え十分な栄養を摂取していても、メラノサイトに充分に栄養が供給されません。
するとメラニンを作るための酵素・チロシナーゼの働きが鈍くなってしまいます。
そのため、頭皮の血行不良を改善し血流をよくすると、白髪の予防・改善効果が期待できます。

■効果的な頭皮マッサージの方法
頭皮のマッサージやツボ押しは、頭皮の血行を改善する方法です。
マッサージそのものはとても簡単で、日常の中のちょっとした空き時間にも取り入れることができます。
また、頭皮の血行は白髪だけでなく、頭髪トラブルとも深い関係にありますので、フケや抜け毛といった症状の改善も見込めるかもしれません。

■カラートリートメントとヘアカラーの違い
毛髪内部へ色素が入るのが“ヘアカラー”
毛髪の表面に色素を吸着させるのが“カラートリートメント”

白髪染めにはカラートリートメントが簡単
カラートリートメントとは、ヘアカラーとは違い毛髪の表面に色素を吸着させる為痛まずに白髪対策が出来ます。
1ヶ月程するとで白髪が伸びて目だってきます。わざわざヘアカラーで染め直さなくても、カラートリートメントを使えば白髪を自然と目立たなくできます。
ヘアカラーで髪のベースをしっかり染める→染まった髪色を髪に優しいトリートメント成分配合の染毛料でサポートするということ。
「キレイに染めたい」と「美しい髪でいたい」の両方を叶えるため、ヘアカラーとカラートリートメントの併用に人気が集まっています。
今まで月に1回でヘアカラーをしていたところが1〜2ヶ月に1回でよくなることもあり、白髪染めの手間が省けます。
カラートリートメントを選ぶポイントとしては、指通りをよくするだけではなく、ツヤや潤いが出るセラミドやプロケラチンなど保湿や補修成分が配合されたものがよいでしょう。

■カラートリートメントの特徴
・髪にダメージがなく、染め直しや重ね染めができる
・トリートメント効果もあるので染めた後の髪はサラサラ
・手間がかからない
・数回で徐々に染まっていくので自然
・お風呂で染められる

■ヘアカラーの特徴
・黒髪も明るい色に染められる
・色持ちは1〜2カ月
・シャンプーしても色落ちしない
・1回でしっかり染まる

■使い方
カラートリートメントは週2~3回、洗髪後に使うことで気になる部分が目立たなくなっていくもの。
使用するたびに目立たなくなっていくので染まり方が自然です。
カラートリートメントの使い方はシャンプー後に、タオルドライした髪へ塗布します。
しっかり染めたい場合は乾いた髪につける、根元の白髪には多めに塗っておくと効果大です。
放置時間5〜10分を目安に、しっかり洗い流しましょう。
使用回数を重ねるごとに綺麗に染まっていきます。

■その他
①キレイに染めるコツ
シャンプー後に水分が多く残っていると染まりが悪くなるので、タオルなどでしっかりと水気を切ってください。
カラートリートメントも塗布する量がポイントです。特に気になる白髪部分にはたっぷりと塗布しましょう。
仕上げに、目の粗いコームを使って全体的に伸ばすとムラなくきれいに染める事が出来ます。

②.帽子やヘアアクセにつかない?
カラートリートメントという製品の性質上、帽子やヘアアクセサリーに色がつく可能性はあります。
すすぎの際にお湯に色が出なくなるまでしっかりとすすいで下さい。

③キレイに持続させるお手入れ法
白髪が目立たなくなるまで、5日間程連続で使用するのが良いです。
その後は、週2~3日程度ご使用頂くと美しい色を持続させることが出来ます。
また、根元の白髪が伸びて、目立ち始めたらエクセランスヘアカラーを使用し、
カラートリートメントとヘアカラーを交互に併用することでキレイに持続する事が出来ます。

白髪専用ヘアカラートリートメントランキング
1位 ヘアカラートリートメントLpLp
ガゴメ昆布エキスによって髪や頭皮に優しく
低アルコールなので、素手でも白髪染めができる
2位 100%天然由来
白髪、抜け毛、薄毛をケアできる
オールインワンノンシリコンシャンプー


インターネット回線ランキング比較NAVi TOP





































ヘアカラートリートメントで売れている玉髪白髪用
毎日使える白髪染めトリートメント