口臭の原因と治し方

口臭、その原因を突き止めるのは、簡単なようですが、確実にその要因を特定することは難しいです。
特に内臓に起因する場合、専門医の診断が必要となることが多いです。

■口臭の原因
口の中には沢山の細菌が住んでいますので、誰しも多少の生理的な口臭はあります。全く口臭がない方はいません。
例えば朝起きた時、起きてすぐの口の中はネバネバしますし、口臭も多少強くなります。
これは寝ている間は唾液の分泌量が減りますから、口の中の細菌が増えてしまうためです。
(唾液には汚れを洗い流す作用以外に抗菌成分が含まれています。唾液の量が減る睡眠中は細菌が増殖します)

歯科的な問題(=歯周病による歯茎からの膿や清掃不良の場合)や、耳鼻咽喉科的疾患によるもの(=膿栓や蓄膿症など)、
内科的疾患(特有の口臭を発する病気がいくつかあります)が原因のものは病的な口臭と呼ばれます。
病的な口臭に対しては原因の治療が必要ですから、これは専門家の範疇だと思います。

肝臓は身体に有害な物質を分解してくれますが、肝臓疾患がある場合は、
分解機能が働かなくなり、臭気成分を発生させる有害物質が
分解されなくなるので、臭気成分が生産され、呼吸と共に臭気が外に排出されます。

唾液の分泌が少なくなり、ドライマウスに陥りやすい糖尿病患者においても、臭気成分が分解されないので、口臭が強くなります。

内臓を患っているいると、身体の色々な部分に障害を及ぼし、胃炎や腸障害を誘因したり、歯周病や歯槽膿漏などの口内疾患を引き起
こすこともあり、その結果、口臭の原因になることもあります。

歯槽膿漏や歯周病は逆に、胃腸障害や、内臓へ悪影響を及ぼすこともあるので、
口臭対策と同時に口内疾患を確実に治療し、完治させる事が重要です。
特に代謝機能を有する、肝臓は病気と診断された場合は、全力で治療にあたり、完治させることです。

肝臓や胃腸が健全な状態であれば、比較的早期に口臭成分は、軽減されますがそうでない場合は、何時までも口臭が残るので、外部か
らの口臭対策が必要となります。そうならないように、日頃から内臓や胃腸の健康を心がけましょう。

■口臭予防

1.牛乳
牛乳は、胃の中に入ると、悪臭の元になるたんぱく質を脂肪の膜で包み込みます。
にんにくやアルコールなどの臭いの強い食べ物をとった場合に効果的です。
毎日牛乳を飲む習慣をつけておけば口臭だけではなく、健康にもいいので牛乳を飲む習慣を心がけましょう。

2.レモン・梅干し
レモンや梅干しには、有機酸が含まれていて、消臭効果のある唾液の分泌を促進する事と臭いの元になるたんぱく質を分解させる働きや、食べカスを発酵、腐敗するのを防ぐ効果があります。
レモンや梅干しにはビタミンCが豊富に含まれているので口内炎にもよく効きます。

3.緑茶
緑茶に含まれる、フラボノイドに消臭効果や殺菌効果があります。食後にコップ1杯のお茶を一気飲みして下さい。
また紅茶やコーヒーにも消臭効果がありますが、緑茶ほどではありませんのであしからず!!
緑茶にはカテキンが豊富なので虫歯予防にもつながるので緑茶も毎日朝昼夜と一杯かならず飲む習慣をつけておきましょう。

4.果物・野菜
繊維質を含む、レタス、キャベツ、にんじん、セロリ、リンゴなどには、繊維質が口の中の食べカスを取り除いたり、唾液の分泌を促進してくれます。サラダは、最後に食べると効果を得る事ができます。
繊維質を食べるとお肌にも効くし便秘の改善にもつながるので毎日野菜や果物をしっかり食べて体の腸から、しっかり口臭を予防していきましょう。

5.めかぶ・昆布
体臭の消臭に効果があるようで、あわせて口臭にも効果がとのことです。昆布に限らず海藻全般が口臭に対して効果があると言われています。
また、昆布に含まれるアルギン酸が唾液の分泌量を促進し、口腔内の細菌を減らす効果もあるようです。
海藻類は生活習慣病予防にも効くといわれているので海藻類はしかりとるようにしていきましょう。

口臭予防、対策人気ランキング比較
1位
2位
3位
4位

インターネット回線ランキング比較NAVi TOP