パーソナルトレーニングジムランキング比較


当サイトではジムに通う前にどのようなジムにすべきか迷ったときの決め方を紹介します。
これまでのスポーツジムの他に個別指導のパーソナルトレーニングジム、プライベートジムなど様々な形態があります。
契約時には入会金とか会員カード発行料がかかるので、最初から自分に合ったジムを選びましょう。
初めて通う人でも失敗しないように、ランキング形式で選択基準・見るべきポイントなどまとめてみましたので参考にして下さい。

■ジムを選ぶ3つのポイント
@料金
ジム通いは継続するものなので、料金は大事です。
公営のジムであれば1回数百円から利用可能。
会員制ジムであれば、1ヶ月1万円前後のものが一般的です。
プライベートジムや完全個室・個人指導になると値段が跳ね上がります。
利用したい設備やサービスに合わせて、もっともコストパフォーマンスが良いジムを選びましょう。

A場所
一番重要度が高いのが、ジムの場所で通いやすいかどうかです。
自宅の近くにするのか、通勤途中の場所にするかは人それぞれで気軽にジムに足が運べることが最重要です。
どんなに良い設備も、ジムに行かなければ全て無駄です。
モチベーションが低い時でも行こうと思えるレベルの通いやすさを選ぶのが、ジム通いを続けるコツです。

B設備・サービス

当然ですが、設備が良いほど値段が高くなります。
自分が利用したい器具やマシーンが有るかどうかは必ず確認すべきです。
ヨガやエアロビなどを用意しているところもあります。良いところではプールや入浴施設・日サロも利用できます。
ただ、限られた時間のなかで全ての施設を使うのは難しいです。
本当に必要な最低限の設備に留めておくかあとは予算との相談になります。

C客層スタッフのレベル
最低限のマナーや清潔さ、秩序が保たれているジムの方が良いです。
なぜかというと、出会い目的でくる人もおり、女性の場合すっぴんでトレーニング中に話しかけられたりして顔をみられるのは心地よくないはずです。
実際に男性利用客と女性スタッフが交際に発展するケースも多いみたいで出会い目的で来る方もいるようです。
こういうことはスタッフのレベルやしっかりしたジムの対応次第で解決できることでこの辺もしっかり入会前にチェックしましょう。
以下はよくある迷惑な声をまとめてみました。
横一列に並んでいるランニングマシーンで、場所が離れているにもかかわらず、中年女性同士が大声でおしゃべりをしながらウォーキングを。。。
ストレッチ用のマットが設置されたスペースでいつも数人の女性利用者が長時間おしゃべりをしていてストレッチが出来ない。。。
トレーニング中にいきなり話かけられ、トレーニング方法についてのアドバイスでしたが、正直言ってありがた迷惑。。。

■ジムの種類と特徴
公営ジム
市や区が経営しているジムです。
・料金一番安いジム
大体が2時間利用で500円程度。
プールも1回数百円で利用出来ます。利用したいときにだけ料金が発生しますので、会員費が無駄になることはありません。
・設備が微妙
設備のレベルが低めです。特にウエイトトレーニングをやりたい人は辞めておきましょう。そもそもフリーウェイトが無いか、あっても重量が少ないです。
各器具やマシンの数も少ないので、タイミングによっては使えない可能性も高いです。スタッフも学生のバイトレベルなので、まともな指導は期待できません。

・高齢者が多いイメージ
どこも高齢者が多いようでトレーニング中は安全のために近づかないのが決まりであり人に対する配慮です。
こういったマナーが分かっていない人が多く、それを指導するスタッフもいないのが公営ジムです。
手軽に軽い運度をしたい人向け。エアロバイクやランニングマシン、軽めの筋トレなど。
プールだけの利用なら公営ジムでも良いと思います。プールには設備の善し悪しはあまり差がありません。

会員制ジム
ゴールドジム、コナミやザバスやセントラルや選択肢が多いです。
・料金体系の種類が豊富
同じジムであってもプランを選べる。使う設備や、利用する時間帯に制限がかかっている契約だと安めです。設備も時間もフルに利用出来るものが高くなります。
たまたま自分の生活スタイルや希望にあったプランがあれば、安く利用できるのでオススメです。
オプションでタオルの貸し出しや、個人指導などをつけることも可能です。
・設備も様々
設備の充実度は高く各ジムによって細かい部分に違いはあります。
大まかな施設(人気の器具など)はどこにでもあります。
具体的にはトレッドミル(ルームランナー)やエアロバイクなどの有酸素運動系は数も充実しています。
メジャーなトレーニングマシンはどのジムにでもあります。
差が出るのはウエイトトレーニング系やプールの有無などです。
・トレーナーがいる
基本的にトレーニングを説明・サポートできるトレーナーがいます。
当たり外れは有るかもしれませんが、最低限の知識は教育されている場合が多いです。

プライベートジム、パーソナルジム】
ライザップなど最近CMでよく見ます。個人トレーナーがついて、
メニュー作成からトレーニング・食事まで全てをサポートしてくれるもので
ライザップの場合過酷な筋トレ、食事管理が厳しく、炭水化物と糖質の制限。
一人でトレーニングをしていても自らの限界を超えることが難しく、
特に自分に甘い人は厳しいトレーナーによるサポートが大きいみたいです。

今流行のプライベートジムに関しては最後に詳細をまとめてあります。

■トレーナーの指導

パーソナルトレーニングジムなど有料で個人指導をしてくれるトレーナーをつけることはできますが
トレーナーのレベルを客観的に見分ける方法としてトレーナーの報酬や雇用形態をネットなどで調べてみると参考になるようで
時給5000円以下で募集しているジムはトレーナーの質が低いことが多く、急拡大しているジムも要注意です。
トレーナーの確保が間に合わず採用の基準を下げている可能性があるからです。
また、CMを沢山打っているジムも、人件費を削って広告宣伝費に回している可能性は高いです
経験が浅いトレーナーは手っ取り早く効果を出すために食事制限に偏りがちだという。
会員も払った料金が惜しいから耐えるが、トレーニング期間が終わるとリバウンドするケースが後を絶たないそうです。
まともにトレーニングや栄養の知識が信頼できるのはボディビルの経験者くらいです。
トレーナーを選ぶ時は顔じゃなくてこういった部分を見て決めましょう。

■パーソナルジムのメリットデメリット
【プライベートジムのメリット】
1、時間が無駄にならない。
完全予約制の為時間が決まっているので集中できる。
人目を気にせずにできる(個室制の場合)。
専門のトレーナーによる指導においての筋力トレーニング、フードコントロールにより
リバウンドもなく、短期間で効果を実感できます。

2、個々に合わせたトレーニング方法・食事コントロール法
個人の性別や年齢、体力レベルに合ったトレーニング方法や重量、
自宅での食事(カロリー)コントロールまでマンツーマンで教えてもらえるので、後は従うだけ。

3、ダイエット以外にも効果がある
食事の管理ができるようになるのと、運動によって生活習慣病予防、
血糖値の制御、中性脂肪の改善なども望める。

4、ダイエットの知識がつく
プライベートジムは大体のくくりが2ヶ月で2ヶ月目以降も別料金で継続可能の所もありますが
一度得た知識は、たとえ通常のジムに移ったとしても使えますし、
食事コントロールも一度覚えてしまえば、ずっと自分で管理できるようになります。
結局、トップアスリートがやっているようなものは、一般人には難しいものも多くて
改良して、自分独自の方法に落ち着くことが多いですが
プライベートジムでは、その個人個人に合ったレベルや、
骨格からくる癖に合わせたトレーニング方法を教えてもらえることが魅力なんです。

【プライベートジムのデメリット】
1.、料金が高い
料金体系は2ヶ月で30万弱・入会金は別で決して安くはありません
もし、通常のジムやスポーツクラブでオプションで
フリーのインストラクターを付けると月会費以外に1回2000円〜5000円は掛かります。

2、通う必要がある
通うということに慣れていなかったり、場所が遠すぎると、別に交通費も掛かりますし
面倒、億劫になるかも知れません。

3、過酷な管理
自宅でやるダイエットや、スポーツクラブで気ままにやるトレーニングと違い、
監視、拘束された食生活やトレーニングなので甘えは許されません

■まとめ
ジム選びの第一優先は通いやすさだと思います。
通いやすい距離で、ジムに行ってしまえばやる気もでます。
最悪、ジムでストレッチだけして帰宅したとしても、自宅で何もせずにお菓子食ってるよりは意味があります。
とにかくジムに長期的に頻繁に通えるかが重要です。
又、減量は自分との戦いなので自分に甘く、過去にジムを辞めてしまった経緯がある方の場合はライザップのような
厳しいプライベートジムで管理して貰う方が成功率は高くなるでしょう。

プライベートジム ランキング比較

 ランク ジム名 料金総額 トレーニング期間 1回の費用
1位 エススリー株式会社プロフェッショナルエナジー
219,000円 2ヶ月 16回 1回75分 13,668円
2位 bellezza【ベレッツァ】
231,000円 2ヶ月 16回 1回75分 14,438円
3位 24/7ワークアウト 株式会社ヘルスアップ
234,000円 2ヶ月 16回 1回75分 14,625円
4位 ライザップ【RIZAP】 健康コーポレーション株式会社
348,000円 2ヶ月 16回 1回50分 21,750円


インターネット回線ランキング比較NAVi TOP





















■設備の種類
@どのジムにもある設備
トレッドミル、バイク、各筋トレマシン、ダンベル、シャワー

Aジムによって有無がある設備
ウェイトトレーニング系
ベンチプレス、スクワットラック、スミスマシーン、フリーウェイト系
通常のジムは各1台ずつくらい有る。たまに、スクワットラックが無かったり、ウエイトトレーニングに全く力を入れていないジムもあります。
ゴールドジムなんかになると、スクワットラックが3台置いてたりします。フリーウェイトを複数台置いているジムは希少です。

Bプール
そもそもプールが同じ施設にあるかどうか。セントラルやザバスなど、スイミングスクールをやっているような施設にあります。
このようなジムはプール付きの会員プランが用意されています。もしくはプールだけ別料金で1回いくらのパターン。
都心など、土地の確保が難しい地域にはなかなかありません。僕のおすすめは、普段はジムでトレーニング。
泳ぎたい時だけ公営のプールを数百円で利用する使い方です。

Cスタジオ系レッスン
ダンスやヨガなどのレッスンを行っているジムもあります。
ゴールドジムではガラスの向こうのスタジオでヨガなどもやっています。
参加したいプログラムがある人は確認してみましょう。

D日サロ
ボディビルダーはコンテストシーズンに真っ黒になります。
そのため、ジム内に日焼けマシンが設置されているところもあります。
同じ系列のジムでも店舗によって異なる部分ですので要確認。





















ダイエット 筋トレ 大胸筋斜めヨミ
ライzap科学的トレーニングで痩せる.xyz
ジム 新宿 おすすめ xslim
プライベートジム 安い
コナミスポーツクラブパーソナルトレーニングジム
スポーツジム 安い
ライザップ 返金 トラブル
ライザップなら確実サポートax.xyz
新宿 プライベートジム
プライベートジム 神奈川
ライzappu科学的トレーニングで痩せる.xyz