電力自由化 ランキング比較 サイト


2016年4月より電力小売りの全面自由化、通称「電力自由化」が始まることはご存知でしょうか。
当ページでは新電力を格安で利用するための手助けとなる内容を紹介しています。

電気事業といえば、お住まいの地域の電力会社(関東なら東京電力、東北なら東北電力)に加入するのが今までの常識でしたが、
電力自由化により、一般企業も電力の販売が出来るようになり、私達電気の消費者は、
必ずしも地域の電力会社に加入しなくても良くなるのです。
新電力はご利用の通信回線とセットの組み合わせで選ぶことでお得になるケースが高いです。
また地域ごとに契約できる電力会社は異なります。
電力会社によって供給地域が異なるため、お住まいの地域によって契約できる事業者が異なるため
地域ごとに電力と通信の組み合わせを紹介したいと思います。

切り替えする手続きが面倒はありません。
新しく契約する電力会社へ申し込みをするだけで、今の電力会社へ連絡はせずに切り替えができます。
また、Webでも簡単に申し込み手続きができるようになります。

停電が増えたり、電気が不安定になったりしません。
新電力と契約した場合でも、電気を送る電線や設備はこれまで通り
地域の電力会社(一般電気事業者)のものが使われて電気を家庭に届けます。
そのため、万が一契約した新電力の発電量が不足した場合でも、
地域の電力会社が不足分を補う仕組みのため、停電になったり、供給が不安定になったりすることはありません。

NTT(ドコモ)・KDDI(au)・ソフトバンクの通信大手3社
通信大手3社は数千万の顧客を抱えていて、料金回収システムや顧客へのサポート体制も整っています。
電力自由化がスタートで通話、インターネット、電力をセットで販売していくためエンドユーザーは
ご自身のネット回線と携帯にあわせて電力会社を選択することが賢明といえます。

業種 サービス名  事業者 利用中の通信回線 
通信会社    auでんき
auでんき
(KDDI) auひかり
au携帯
JCOM(CATV)
ソフトバンクでんき  ソフトバンク ソフトバンク携帯
ソフトバンク光
 エネット 株式会社エネット
NTTファシリティーズが東京ガス、大阪ガスとともにエネットを2000年に設立。エネットは新電力市場で約50%のシェアを持つ新電力NO1企業です。
 NTTドコモ
 eo電気
eo電気
 (ケイ・オプティコム)  eo光
都市ガス  大阪ガス
 
 東京ガス
ガソリン エネオスでんき JXエネルギー
 au携帯
 myでんき (東燃ゼネラル石油)


インターネット回線ランキング比較NAVi TOP