蓄電池ランキング比較


当サイトにアクセスいただき誠に有難う御座います。
このページでは蓄電池に関してまとめています。

野外でのイベントや太陽光発電などで蓄電の必要があって
恐らくこのページに辿り着いたのではないでしょうか。


全国の電力会社の値上がりの影響、原発の問題などで
現在、日本ではかなりの数の一戸建て、企業が太陽光発電を導入しております。
それに比例し、売電価格の低下、電力会社の買取に制限をかけたりなどで今後、電気は売る時代から貯める時代に変わります。
太陽光発電を設置した方達にとって蓄電池は今後必要不可欠なアイテムになるでしょう。

迷わないようにランキング形式にしてあるのでぜひ参考にしてみて下さい

■蓄電池とは
電気を貯めておき、貯めた電気を必要なときに使うことができるものを蓄電池といいます。
仕組みは、充電池や自動車のバッテリーと同じで蓄電池の電気が無くなった場合は、家庭のコンセント等から充電します。
家庭のコンセント等から充電する形で蓄電池を単体で使用することもできますし
太陽光発電と連携し、太陽光発電の電気を蓄電池に貯めて使用することもできます。
停電時や電力問題に備え、蓄電池で電力を蓄えておけば安心です。
災害時に自給自足できる設備として注目されており、万が一の時にも、照明・テレビ等を利用することができ需要が高まっています。

■メリット
@災害時に電気が使用できる
太陽光発電システムや夜間電力等で蓄電池に貯めた電気は 災害時や停電時に使う事ができます。

A電気代を減らすことができる
夜間電力は昼間に比べて電気代が安くなっているので夜間電力で蓄電池に電気を貯めておき昼間に使えば、電気代を安くすることができます。

B太陽光発電と連携
太陽光発電システムが設置されていれば、余った電気を電力会社に売る形ではなく、蓄電池に貯めておき自宅で利用することができます。

■デメリット

@蓄電池は安くない
蓄電の容量1kwhあたりで数十万円するので「もしもの時に何を電気で動かさなければならないか?」 を考え、
それに見合った価格帯の製品を選ぶ必要があります。

A太陽光発電の売電どっちがお得か?
太陽光発電システムを設置した場合、現在は余剰電力を高い価格で電力会社に売ることができます。(2015年4月より、33円(税込)※出力制御対応機器無し または35円(税込)
経済面だけを考えると、あくまで災害時や停電時の為の備えとする目的で考えたほうがよいです。


蓄電池ランキング比較

ランク  サイト 詳細 
 1位 蓄電池の公式一括見積りサイト【タイナビ蓄電池】
全国初の5社から見積りをとれる蓄電池の見積比較サイト。

電気は売る時代から貯める時代に太陽光発電を導入したユーザー様必見。
2位 リチウムイオンバッテリーと正弦波インバーターを組み合わせ
使う分の電気を予め蓄電して使うまったく新しい電源システムです。
今までのエンジン式発電機のようにエンジンをかけて電気をつくる
発電システムではないので騒音・排気ガス・振動は一切なく屋内でのイベントやでも使用が可能です。


インターネット回線ランキング比較NAVi




























蓄電池 楽々費用見積り
蓄電池 費用楽々さーち
蓄電システム 楽々見積り
蓄電池 費用らくらくさーち