乳首や乳輪の黒ずみをピンクにするには

当サイトにアクセスいただき誠に有難う御座います。
このページでは乳首の黒ずみやピンクにする為の対策を紹介しています。
迷わず決められるようにランキング形式になっているので
先々で検討している方もいつか役に立つ時が来ると思います。ぜひお気に入りに追加しておいて下さい


■乳首が黒くなる原因
乳輪や陰部は、メラノサイトの働きが活発なので、メラニン色素の影響で黒くなりやすいです。
ブラジャーや下着で擦れるなどの原因もありますが、もともと黒ずみができやすい部分なのです。
これを「生理的色素沈着」と言います。
黒い人は、メラニン細胞の働きが強いわけです
メラノサイトの働きは遺伝なので、変えることはできません。妊娠でも黒くなります。

■黒ずみ対策
摩擦などの刺激は、衣類を刺激の少ないものに変えます
どうしてもピンクにしたい場合はハイドロキノン配合の美容液を使用します。
ハイドロキノンは、色素沈着の改善が最も期待出来る成分と言われています。
ルミキシルやアルブチン、ビタミンCなどの他の美白成分は、
メラニン色素の生成を抑える働きなので予防にはなっても、色素沈着の改善はあまり期待できません。

■ハイドロキノンの効果
他の美白成分との大きな違いは出来てしまったシミを薄くすることです
効果は絶大で、「お肌の漂白剤」とも言われておりハイドロキノンは美容皮膚科で処方されるおなじみの美白成分です。
特に皮膚科で処方されるものは、4%を超える高濃度のものもあります。
普段でしたら、1〜2.5%程度の美白化粧品から試してみましょう。

・シミを薄くする効果はビタミンC誘導体よりも高い
・シミの原因であるメラニンを作り出すメラノサイトという細胞を減らす。
・即効性がある
 
■対象になるしみ
・老人性色素斑(一般的なシミ)
・そばかす
・炎症後色素沈着(ニキビ跡や傷跡などの色素沈着)
・肝斑

■注意点
シミを薄くする成分としては、ハイドロキノンはもっとも強い効果を生みますが副作用に注意が必要です。
濃度5%以下であれば、副作用の報告はないそうです。
市販の美白化粧品の濃度は1〜2.5%程度なので問題ないでしょう。

1位  

2位  
3位  

インターネット回線ランキング比較NAVi TOP